コロナ禍も新事業展開で活路 空知

ハンドクリームのサンプルなどを手にする、いわた書店の及川さん

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令で、空知管内の経済界も厳しい状況が続いている。そうした中、砂川の「いわた書店」は地元美容院の協力でハンドクリームを開発。岩見沢のパン店「グランエソール」は移動販売車の導入に活路を見出す。美唄の金属部品製造「道央メタル」は技術力を駆使して「一品物」を生産。各事業者とも「コロナ禍に負けまい」と奮闘している。

Share on facebook
Share on twitter
error: このページは右クリックできません