コロナ長期化で地元観光を見直し 空知

 空知管内の観光業界が、新型コロナウイルスの影響の長期化を見据えた取り組みに力を入れている。当面、インバウンド(訪日外国人旅行者)は見込めないとして、地元や近隣からの誘客を重視。岩見沢市観光協会は中心市街地を観光化するプロジェクトに乗り出し、滝川市も石狩川周辺に点在する施設を対象としたスタンプラリーで経済効果の創出を目指す。

Share on facebook
Share on twitter
error: このページは右クリックできません