パワハラ対策企業に義務化 滝川の会社で研修

栄冠運輸で行われた管理職研修会  職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の防止のための対策が6月1日から大企業で義務化される。中小企業は2022年度から始まるが、21年度は努力義務となっている。滝川市の運輸会社「栄冠運輸」(伊藤尚宣社長)はハラスメント措置をテーマに管理職研修を実施した。同社は今秋にも相談窓口を開設する計画だ。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*必須項目
Share on facebook
Share on twitter

空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

error: このページは右クリックできません