生活困窮者増が浮き彫り 緊急小口資金利用が増加

 【岩見沢、滝川】長引く新型コロナウイルスの影響は企業活動にとどまらず、市民生活にも打撃を与えている。生活が困難になった住民向けに全国の社会福祉協議会が実施している生活福祉資金貸付制度(緊急小口資金)の申請件数は高い水準で推移し、さらに幅広い業種の従事者へ影響が広がっている。コロナ禍で設けられた同資金の特例は、今年11月末まで延長されている。

Share on facebook
Share on twitter
error: このページは右クリックできません