農薬散布ドローン普及率道内トップクラス 新十津川

この春にドローンを購入した新十津川の島宗さん  【新十津川】スマート農業の推進に力を入れる町で農薬散布用ドローンの導入が進んでいる。これまでに78台のドローンが導入され、2020年度の水稲作付面積約3494㌶のうち、約6割の水田の防除などを担う。普及率は37%となり、道内でもトップクラスとなった。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*必須項目
Share on facebook
Share on twitter

空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

error: このページは右クリックできません