ホーム » 地域別 » 滝川 » 滝川市の児童厚生員、人手不足 市職員が応援体制

滝川市の児童厚生員、人手不足 市職員が応援体制

2023.08.22
14:30
Share on facebook
Facebook
 【滝川】小学生、特に低学年の児童が過ごす場所として需要が高まっている放課後児童クラブ。滝川市では少子化で児童全体の数は減っているもののクラブの登録者数は横ばい傾向。一方で児童を見守る児童厚生員の人手不足は深刻で、市職員が応援に入る機会が増えている。市子育て応援課は「体制を維持するためにも人材を確保したい」と、児童厚生員を広く募集している。(写真=児童厚生員の人手不足で、市職員が応援に出る機会が増えた放課後児童クラブ)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
error: このページは右クリックできません