鏡トンネル現場を視察 芦別

昨年着工した鏡トンネル  【芦別】国道452号建設促進期成会(会長・荻原貢市長)は26日、2021年3月に着工した鏡トンネル(延長2102㍍)の工事現場を視察した。着工から1年を経過した作業現場で荻原市長は「沿線自治体の待望の着工。無事故無災害での完成を期待したい」と述べ、施工業者を労った。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません