総合

古本で子どもを救おう 空知信金

 【岩見沢】空知信用金庫は、来店客や同庫職員から古本を回収し、インターネットで中古本売買を手がけるバリューブックスを通して、古本の買取金額を「子供の未来応援基金」に寄付する「こどもみらい古本募金」を10日から始める。

「町民還元酒」1日から発売 新十津川

 【新十津川】町一丸となって地元酒蔵や酒米生産者を応援―。金滴新十津川愛好会(長名實会長)は、奈良県十津川村と新十津川町の酒米で醸造した純米酒「郷の心」を町民を始め、多くの日本酒ファンに味わってもらおうと、町民還元酒の取 …

「町民還元酒」1日から発売 新十津川 もっと読む »

「炭鉄港」デジタル資料館を開設 空知

 日本遺産「炭鉄港」の関係自治体や団体などでつくる炭鉄港推進協議会(会長・荻原貢芦別市長)はこのほど、炭鉱や鉄鋼、港湾、鉄道の往時の様子を収めた写真が閲覧できるウェブサイト「デジタル資料館」を開設した。検索機能も充実させ …

「炭鉄港」デジタル資料館を開設 空知 もっと読む »

雪害で火災保険申請が3倍に 空知

 融雪が進み、豪雪に見舞われた岩見沢などで、住宅などの建物被害の全容が明らかになってきた。これに伴い、損害保険会社や代理店には、建物修理のための火災保険の申請が相次いでおり、既に件数が例年の3倍というところも。岩見沢など …

雪害で火災保険申請が3倍に 空知 もっと読む »

管内トップ切り、タマネギ定植 岩見沢

 【岩見沢】道内有数のタマネギ産地のいわみざわ農協管内で6日、タマネギの定植が始まった。管内トップを切ったのは10㌶に作付けする市内若松町の鎌田保夫さん(73)。記録的な大雪で融雪が遅れ、昨年より7日遅い定植開始となった …

管内トップ切り、タマネギ定植 岩見沢 もっと読む »

コロナ禍で管内の求人が減少

 岩見沢、滝川の両公共職業安定所が3月末に発表した2月の有効求人倍率は、岩見沢が前年同月より0・16ポイント低い1・05倍、滝川も同0・16ポイント低い1・06倍だった。前年同月を下回るのは、岩見沢が14カ月連続、滝川が …

コロナ禍で管内の求人が減少 もっと読む »

不妊治療の日々、ネットに綴る 三笠

 三笠市の農業床岡達也さん(38)=岩見沢農業高出身=が、妻・奈緒さん(32)との壮絶な不妊治療の日々をインターネットの交流サイトにつづり、反響を呼んでいる。病気で精子がない状態だったため手術を受け、度重なる顕微授精の末 …

不妊治療の日々、ネットに綴る 三笠 もっと読む »

パワハラ対策企業に義務化 滝川の会社で研修

 職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の防止のための対策が6月1日から大企業で義務化される。中小企業は2022年度から始まるが、21年度は努力義務となっている。滝川市の運輸会社「栄冠運輸」(伊藤尚宣社長)はハラスメ …

パワハラ対策企業に義務化 滝川の会社で研修 もっと読む »

平安閣の宴会場、無料で貸出し 岩見沢

【岩見沢】冠婚葬祭業のライフネット(齋藤聡社長)は、幼稚園や保育園に平安閣の3、4階の宴会場を無料で貸し出すサービスを始めた。遊戯などの生活発表会やクラス単位の交流会などの利用が可能で、利用時間は最長で2時間。全国的にも …

平安閣の宴会場、無料で貸出し 岩見沢 もっと読む »

error: このページは右クリックできません