お詫び 雪の影響で配達が遅れる場合があります
 1年間のご愛読、誠にありがとうございました!
ホーム » 地域別 » 滝川 » 電気料金高騰、自治体直撃 

電気料金高騰、自治体直撃 

2022.11.25
14:47
Share on facebook
Facebook
 【滝川】家計を直撃しているエネルギー価格の高騰だが、自治体運営にも大きな影響を与えている。滝川市は昨今の電気料金の値上げに加え、今年10月以降の新電力会社との契約入札を行えず、12月の市議会定例会で2022年度電気料金の補正予算計上を余儀なくされた。12月からは新たな電力会社と契約するが、今定例会では19施設で総額1億8918万円の計上を予定している。ほか岩見沢市で9100万円、美唄市も4100万円を増額補正を検討するなど、各自治体で対応を迫られている。(写真=8700万円の増額が見込まれる滝川市立病院)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
error: このページは右クリックできません