ホーム » 地域別 » 岩見沢 » 部活の在り方を検討 岩教大が実証事業

部活の在り方を検討 岩教大が実証事業

2022.12.20
14:31
Share on facebook
Facebook
 【岩見沢】文部科学省が部活動指導を地域に委ねる「部活動の地域移行」を進める中、道教育大岩見沢校は12月から、今後の「部活動の在り方」を検討するための実証事業を始めた。岩教大と市内2中学校の計3カ所に運動部活動の拠点を設けて移動手段を検証するとともに、多様な運動を楽しめる環境整備を目指す。岩教大の山本理人キャンパス長は「まちづくりにも寄与する実証事業にしたい」と話す。(写真=実証事業の「拠点」の明成中で、フットサルの試合を行う市内中学校のサッカー部員)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません