ホーム » 地域別 » 美唄 » 美唄鉄道の常盤台駅を再現

美唄鉄道の常盤台駅を再現

2022年7月29日
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
 【美唄】かつて炭鉱の町として栄えた美唄市で石炭を運んだ美唄鉄道の終点、常盤台駅周辺のジオラマを、横浜市在住でジオラマ作家の吉村紅(こう)さん(49)が制作し、市郷土資料館に寄贈した。23日に同館で感謝状の贈呈式が開かれ、板東知文市長から吉村さんへ感謝状が手渡された。同館で常設展示されており、石炭輸送が盛んだったころの駅の様子を楽しめる。(写真=お披露目されたジオラマを説明する吉村さん)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません