岩見沢の過疎地の住人テーマに本出版

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
できたばかりの本を手にする來嶋さん  【岩見沢】過疎地の美流渡、万字、毛陽地区に住む10組へのインタビューをまとめた本「いなかのほんね」が19日、発売される。道教育大岩見沢校の学生23人と、東京出身で美流渡在住の編集者來嶋路子さん編。「田舎暮らしの本音」が分かる1冊となっている。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません