お詫び 雪の影響で配達が遅れる場合があります
 1年間のご愛読、誠にありがとうございました!
ホーム » 地域別 » 美唄 » コロナ対策でカラオケ団体を分割 美唄

コロナ対策でカラオケ団体を分割 美唄

2021.03.12
14:50
Share on facebook
Facebook
美唄空知歌謡連合の堀内会長  【美唄】コロナ禍で市民のカラオケ活動にも変化が出てきた。市内のカラオケ団体「美翔唄の会」の堀内毅会長(90)が中心となり、新団体「美唄空知歌謡連合」を立ち上げた。会員68人の大所帯だが、加盟5団体に分割再編する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

紙面を読む

空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
error: このページは右クリックできません