文化

佐藤さんデザインのピンバッジ採用 新十津川

 【新十津川】町共同募金委員会はこのほど、「ご当地ピンバッジデザインコンクール」を実施し、本年度のご当地ピンバッジに町地域おこし協力隊の佐藤健伍さんのデザインを採用した。同委員会は佐藤さんのデザインを元にピンバッジを製作 …

佐藤さんデザインのピンバッジ採用 新十津川 もっと読む »

太郎吉蔵を地域文化の発信拠点に 滝川

 【滝川】滝川市指定文化財の歴史的建造物「太郎吉蔵」を活用し、地域文化の活性化を目的とした取り組みが進んでいる。4団体によるアートフェア実行委員会がこのほど発足し、5月から10月にかけ、太郎吉蔵を会場としたコンサートや映 …

太郎吉蔵を地域文化の発信拠点に 滝川 もっと読む »

親子ユニットが新アルバム発売 美唄

【美唄】美唄出身の箏曲家下村道子さん(83)=札幌在住=が2枚の新アルバムを発売した。下村さんと娘の岩野典子さん(55)=東京在住=、孫の未弓さん(22)=同=の3世代の親子ユニット「道のり」で演奏している。

岩見沢の過疎地の住人テーマに本出版

 【岩見沢】過疎地の美流渡、万字、毛陽地区に住む10組へのインタビューをまとめた本「いなかのほんね」が19日、発売される。道教育大岩見沢校の学生23人と、東京出身で美流渡在住の編集者來嶋路子さん編。「田舎暮らしの本音」が …

岩見沢の過疎地の住人テーマに本出版 もっと読む »

コロナ対策でカラオケ団体を分割 美唄

 【美唄】コロナ禍で市民のカラオケ活動にも変化が出てきた。市内のカラオケ団体「美翔唄の会」の堀内毅会長(90)が中心となり、新団体「美唄空知歌謡連合」を立ち上げた。会員68人の大所帯だが、加盟5団体に分割再編する。

剣道作文で日本一に輝く 新十津川

 【新十津川】新十津川尚武会所属の髙橋一絆さん(新十津川小6年)がこのほど、「第43回日本剣道少年研修会」の体験実績発表・小学生の部の作文審査で、全国1位にあたる最優秀賞を受賞した。北海道地区からの最優秀賞は初。

江差追分の佐竹さんに最高師範 浦臼

 【浦臼】民謡の江差追分全国大会で優勝経験を持つ佐竹春敏さん(68)は21日、北海道民謡連盟(久保田隆洲会長)から、長年の功績を称えられ「最高師範」の称号が授与された。佐竹さんは「これ以上の名誉はありません。今後は次の後 …

江差追分の佐竹さんに最高師範 浦臼 もっと読む »

獅子頭などを新調 上砂川「獅子神楽保存会」

【上砂川】上砂川町郷土芸能獅子神楽保存会(谷越千秋会長)は、このほど北門まちづくり基金と町の助成を受けて、「上砂川獅子神楽」の獅子頭などを新調。22日に役場を訪れて、奥山光一町長や飯山重信教育長などに報告した。

クラリネットで全国出場 美唄中3年白川さん

 【美唄】美唄中吹奏楽部でクラリネット担当の奏者白川心結さん(3年)が、3月26日に東京音楽大で開催の第25回全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテストに出場する。同吹奏楽部の出場は初めて。10日、市役所で天野政俊教育長 …

クラリネットで全国出場 美唄中3年白川さん もっと読む »

error: このページは右クリックできません