第2の人生を執筆活動に 美唄

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
小説を書く小山内秀一さん 【美唄】親の介護のため早期退職したのがきっかけで、生まれ故郷に戻り、本格的に小説を書いて第2の人生を楽しむ人がいる。この10年間で小説が7作品ほどになり、うち「時代~その愛」が日本文学館出版大賞ノベル部門で特別賞を受賞したほか、「天空からの叫び」(文芸社刊)は文庫本にもなった。いま新たに「生き方を脱皮していくような青春を書きたい」と新作を書き始めた。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません