ホーム » 地域別 » 岩見沢 » 仮想空間で「壁」取り払う 岩見沢の障がい者施設

仮想空間で「壁」取り払う 岩見沢の障がい者施設

2021年11月30日
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
3次元仮想空間で利用者に指示を出すあかり家の横山施設長  【岩見沢】障がい者就労支援施設の「岩見沢あかり家」(横山孝博施設長)=市内有明町南=が、「メタバース」と呼ばれるインターネット上に作られた3次元仮想空間の活用を10月から試験的に始めた。通所とテレワーク双方の利用者が同じ空間で共同作業することで壁が取り払われ、効率も上がっているという。道内の障がい者施設でも珍しい取り組みといい、本格運用を目指している。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません