食用ほおずきでスイーツ販売 新十津川

食用ほおずきのスイーツを開発する新十津川農業高の生徒ら  【新十津川】「徳富ほおずきの会」(小田秀一会長)は新年度から、新十津川農業高(仲川敏幸校長)と社会福祉法人明和会(西川雅浩理事長)とタッグを組み、6次化産業を用いた町産食用ほおずきの知名度の向上や販売先の確保などをめざすプロジェクトを立ち上げる。まずは先行プロジェクトとして、食用ほおずきを使ったスイーツを来月19日から、グリーンパークしんとつわで期間限定で販売する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
error: このページは右クリックできません