ホーム » 記事カテゴリ別 » 新年特別号 » 【新年号1部】空知環境総合がSDGs施設構想 廃棄物を固形燃料に

新年特別号2024

【新年号1部】空知環境総合がSDGs施設構想 廃棄物を固形燃料に

2023年12月29日
Share on facebook
Facebook
【岩見沢】産廃処理業の空知環境総合(江本勝典社長)=市内宝水町=が、廃棄物を原料とした固形燃料を使って暖めたテントハウス内で、熱帯の動植物を育てる構想を温めている。市内の休耕地にテントハウス5棟と、固形燃料を燃やす専用のボイラーを設置。無料でSDGsを学べる施設として観光客を呼び込む狙いで、2026年までのオープンを目指す。将来的には農家に固形燃料を安価で提供し、営農コスト削減にも貢献考えだ。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

2024年 新年特別号の詳細はこちら

error: このページは右クリックできません