お詫び 雪の影響で配達が遅れる場合があります
 1年間のご愛読、誠にありがとうございました!
【高校野球】今年も試合結果を配信予定 ⚾
ホーム » 地域別 » 砂川 » 「現地は人も物資も必要」 能登被災地派遣の砂川市立の医療チーム

「現地は人も物資も必要」 能登被災地派遣の砂川市立の医療チーム

2024.01.23
14:10
Share on facebook
Facebook
 【砂川】国からの要請を受け、砂川市立病院の医師と看護師、事務職員6人の災害派遣医療チーム「DMAT」が8日から13日にかけ、能登半島地震で被災した石川県に派遣された。同院救命集中治療センター長で麻酔科医師の雨森英彦さんと副院長兼地域医療連携室長で循環器内科医師の清水紀宏さんは、「まだまだ被災地では人も物資も必要」と、支援継続の必要性を語った。(写真=石川県に派遣された砂川市立病院の医療チーム、現地のクリニックで診療する医師ら)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
error: このページは右クリックできません