お詫び 雪の影響で配達が遅れる場合があります
 1年間のご愛読、誠にありがとうございました!
ホーム » 地域別 » 岩見沢 » 岩見沢の準看護学校、定員割れの危機

岩見沢の準看護学校、定員割れの危機

2024.02.16
14:42
Share on facebook
Facebook
 【岩見沢】准看護師養成機関の岩見沢市医師会附属看護高等専修学校(得地史郎校長、定員40人)が、1965年の開校以来初の定員割れの危機に直面している。本年度は前・後期の2度の試験でも受験者減で合格者数が定員に満たず、16日が期限の2次募集もギリギリの状況。背景には少子化に加え、コロナ禍で医療職を敬遠する傾向が広がったことがあり、同校では「地域医療の担い手を志す人にぜひ受験してほしい」と呼びかける。(写真=熱心に講義を受ける生徒ら)

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

紙面を読む

空知のニュースならプレス空知 | 地域・生活情報を届ける地方紙

https://presssorachi.co.jp

当サイトにおける文章のコピー、画像のダウンロード及び画像の転載を含む二次利用は一切禁止となっております。

SORACHISHIMBUNSHA inc. All rights reserved.
error: このページは右クリックできません