陶磁器の角皿の上には、一口大にカットされた山盛りの鶏もも肉。脂で艶やかに光る肉からは、湯気とともに備長炭の香りが立ち上る。1つ頬張ると、ほどよい塩味と弾力のある歯応え。かむたびに上質な鶏の脂が口の中に広がった。「燃やさず焦がさず、高熱で短時間で焼き上げるからおいしい」と阿部貞敏店主(77)は語る。 美唄市 │ 味処 三船 [食べログ]店舗ページはこちら 2021年4月17日付 [空知食紀行]これまでの記事はここをクリック

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません