総合

パワハラ対策企業に義務化 滝川の会社で研修

 職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の防止のための対策が6月1日から大企業で義務化される。中小企業は2022年度から始まるが、21年度は努力義務となっている。滝川市の運輸会社「栄冠運輸」(伊藤尚宣社長)はハラスメ …

パワハラ対策企業に義務化 滝川の会社で研修 もっと読む »

平安閣の宴会場、無料で貸出し 岩見沢

【岩見沢】冠婚葬祭業のライフネット(齋藤聡社長)は、幼稚園や保育園に平安閣の3、4階の宴会場を無料で貸し出すサービスを始めた。遊戯などの生活発表会やクラス単位の交流会などの利用が可能で、利用時間は最長で2時間。全国的にも …

平安閣の宴会場、無料で貸出し 岩見沢 もっと読む »

新しい斎苑が4月1日供用開始 滝川

 【滝川】既存施設の老朽化により中空知衛生施設組合(組合長・前田康吉滝川市長)が改築工事を進めてきた新しい滝の川斎場苑はこのほど完成し、22日に火入れ式を行った。道内で初めてガスを使用した火葬炉を備えた新斎苑は、4月1日 …

新しい斎苑が4月1日供用開始 滝川 もっと読む »

新型コロナでパスポート申請が激減

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、海外渡航に必要なパスポート(旅券)の申請件数が、空知管内の各受付窓口でも軒並み激減している。国際線が運休・減便となったのに加え、感染リスクや出入国時の長期隔離への忌避感などから、 …

新型コロナでパスポート申請が激減 もっと読む »

融雪期の災害に注意を 空知で建物倒壊相次ぐ

 日中は暖かい日が続き、融雪が進む中、美唄で空きビル倒壊の恐れがあるとして10日夜から国道12号が一時通行止めとなるなど、記録的な大雪の影響が続いている。今冬は管内各地で豪雪による人的被害や建物被害が相次ぎ発生している。

連載・東日本大震災から10年(4) 滝川「興禅寺」

「街は復興しても被災された方々の気持ちは当時と変わっていません。被災地で住む人の悩みや我慢してきたことを生の声として聴ける時間は貴重でした」と話す滝川市の曹洞宗興禅寺の住職、芳村元悟さん(52)。被災地を毎年訪れ、滝川市 …

連載・東日本大震災から10年(4) 滝川「興禅寺」 もっと読む »

連載・東日本大震災から10年(3) 岩見沢「東北の物産販売高校生プロジェクト」

 震災から1年を経た今も、被災地の状況は大変―と考えた岩見沢市内の高校で活動するボランティア部などが中心に企画した復旧復興支援が「東北の物産販売高校生プロジェクト」。震災発生の翌2012年に立ち上げ、新型コロナウイルス対 …

連載・東日本大震災から10年(3) 岩見沢「東北の物産販売高校生プロジェクト」 もっと読む »

連載・東日本大震災あれから10年(2) 滝川「チョッちゃんを読む会」

 「10年が経過しましたが、被災地に住む方の心のケアはまだまだ必要だと感じています。『支える』というよりも『忘れていないよ』と常に伝え、ともに歩んでいきたい」と話す早坂久美子さん(68)。代表を務める滝川市の市民グループ …

連載・東日本大震災あれから10年(2) 滝川「チョッちゃんを読む会」 もっと読む »

error: このページは右クリックできません