自宅療養者に食糧支援 民間で共助の動き

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
自宅待機中の濃厚接触者宅に、地場産米などを届ける国際ソロプチミスト岩見沢の杉浦さん  新型コロナウイルスの感染「第6波」が猛威を振るう中、自宅療養中の感染者らに食料を支援する取り組みが、空知管内で出てきた。岩見沢市の国際ソロプチミスト岩見沢は地場産米などを自宅に配達。滝川市の國學院大學道短大部は1週間分の食料を学生に届けている。検査をせずに医師が診断する「みなし陽性」が道内でも3日から始まり、自宅療養者が増える見通しの中、食料支援のニーズは高まりそうだ。 関連記事 > 第7波 空知管内の観光直撃2022年7月29日 コロナ「第7波」襲来 空知2022年7月22日 空知も第7波、懸念 新型コロナ2022年7月15日 【随時更新】空知12市町の新型コロナウイルス ›

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません