管内の看護学校、人材確保に苦慮

23年度以降の入学者の募集を停止する駒沢看護専門学校  地域の医療機関が看護人材を確保するために重要な拠点となるのが看護学校。だが私立駒沢看護専門学校が2023年度以降の学生募集を停止するなど、空知管内の各校は少子化と大学全入時代を迎える中で、入学生の確保に苦慮している。コロナ禍の中、医師とともに医療現場で活躍する看護職だが、各校の苦境は人材不足に拍車をかけかねず、地域医療に深刻なダメージを与える可能性がある。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません