コスト高で経営圧迫 人手不足も 空知

魚貝類の値上げで苦悩する「鮨の東龍」  新型コロナウイルス感染が落ち着き、年末の書き入れ時を迎えて客足が戻りつつある飲食店、クリスマスシーズンを迎える菓子店が、今度は原材料価格の高騰に見舞われている。仕入れ値が2培近くになったサラダ油をはじめ、小麦粉や乳製品などが軒並み上昇し経営を圧迫。さらにコロナ禍による人手不足も重なり、店主らは「深刻な状況」と窮状を訴える。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
error: このページは右クリックできません